Header Ads

Bluetoothモジュール(HC-06)の使い方



HC-06というBluetoothモジュールを使ってみます。技適という認証をとっていないので、電波の漏れる野外等での使用はNGです。
BluetoothはスマホやPCについているのでそこから信号を送ってArduinoを操作することができます。今回はスマホで動かしてみましょう。








#1:HC-06をつなぐ

5Vは5VにGNDはGNDに繋ぎます。RXはデジタル1番ピンに、TXはデジタル0番ピンに繋ぎます。シリアル通信を使うので他のデジタルピンではダメです。

プロトタイピングボードに繋ぐと次のようになります。また、今回はテストのため、LEDをデジタル4番ピンに繋いでいます。











#1-1:RX,TXを一旦外す。

PCからプログラムを書き込むときもこのBluetoothで通信するときと同じシリアル通信を使っています。一旦、RX,TXを繋いだデジタル1番、0番を外しておきましょう。


#2:ブロックを組む

ブロックは通常のシリアル通信で操作する場合と同じです。デジタル4番ピンでLEDをオン・オフします。まずシリアル通信でなにか値が来るのを確認します。続いて、シリアル通信から0が来たらLEDを消す、1が来たらLEDをつけます。










#3:スマホにBluetoothシリアル通信アプリを入れる

Bluetoothでシリアル通信ができればなんでもよいのですが幾つか使ってみたところ、Androidでは、”Bluetooth Serial”が使いやすいですね。ペアリングするときのパスワードは”1234”です








Powered by Blogger.